製品・サービス情報のトップへ
IoTモジュール

3GIM(3G IoT Module:IoT向け3G通信モジュール)Ver2.1は、これまでの「3GIM(3G IoT モジュール)V1.0シリーズ」と同サイズ(世界最小クラスサイズ35 mm × 25 mm)の後継機として開発した3G通信モジュールです。UART通信を使って、簡単にArduinoやmbed、Edison、それにRaspberry Piといったマイコンボードと連携できる製品です。
これまで「3Gシールド」や「3GIM V1.0」を使ってArduinoおよびその互換機で利用できた機能・関数群は、ほとんどそのまま利用できます(ストレージ関連機能は無くなります)。
またArduino互換機上では、別売製品「3GIMシールド V2.0」や「IoTABシールド V3.0」を使えば、特別な自前のハードウェアを揃える必要はありません。またRaspberryPi上では、「3GIM-HAT V1.0」を使えば、簡単に3GIMを接続できるようになります。
3GIMは、2014年11月から販売開始して以来、多くの利用実績があり、試作開発や量産化利用でもご利用いただいてきていますので、安心して試作から量産化まで利用できる製品です。

3GIM V2.1OWA Logo
  • 3GIM V2.1 マニュアルダウンロード
ダウンロード
  • GIM V2.1 紹介資料(チラシ)ダウンロード
ダウンロード
  • GIM V2.1の概要、外観、提供する機能、利用事例などを紹介しています。
詳細はこちら